41歳からのドクター挑戦

41歳。紛れもないオッサンになった今、大学院後期博士課程へのチャレンジを綴った超私的日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LBS2011 Symposium

Vienna University of Technology に来ています。
LBS2011に初参加です。

以前から気になっていたのですが、今回は上司の代役のような形で参加することになりました。
全体で150人くらい参加していますが、日本からの参加は2名。アジア系は全体の10%くらいでしょうか。

今のLBSの研究トピックスを知るにはこういった海外の学会はとても良いのですが、
2日目を終えた限りでは、ポジショニング技術もアプリケーションも、日本の方が進んでいる印象です。
ただしこれがある意味世界標準なので、日本はよく言われるように
「気がつけば後ろは誰もいなかった」状態にならないように気をつける必要があります。

さて、個人旅行で来た以来、2回目のウィーンですが、
今回はあまりの寒さにほとんど外出せずにホテルに篭っています。
今朝は雪が舞っていました。
いやはや、出発日の東京の最高気温が20度を超えていましたから、
こちらとは20度近くの温度差です。

飛行機で11時間、学会で連日10時間イスに座り、時差ぼけに苦しみ、さらにこの寒さです。
本当に体力がないとこの世界はやっていけませんね。

一流の研究者は、知力、体力、語学力。そして度胸も必要という感じでしょうか。
やれやれ、ですネ。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。