41歳からのドクター挑戦

41歳。紛れもないオッサンになった今、大学院後期博士課程へのチャレンジを綴った超私的日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

研究の着眼点を再度考えました

タイトル通り、ここ数週間悩み続けていることを整理しようかと。
(かなりマジメなテーマ)

もし世界中のLEDに通信機能が付加された場合、
可視光通信ネットワークの世界が好むと好まざるとやってきます。

そこで私が研究したいのは、(あくまでも”したい”のはです。)
 1.VLCネットのWWWを設計する
 2.必要なソフトウェアを開発する
かと。

WWWは誰も知っている、インターネット最強のアプリケーションですよね。
MosaicとHTMLがフロントとして利用されなければ、今の世の中はなかったですよね。

私がインターネットを利用し始めたころ、
1993年ことですが、既にApacheもLinuxもあって自由にネットワークを構築できました。
あのワクワク感を、もう一度VLネットで再現したいし、きっとできると思います。

#勿論、WWWと決定的に違うのは、全てのVLCに位置情報があることです。

とにかく明日、H教授のところへ行く予定になっているので、この辺りを相談してこようと思います。
その結果はまたこのブログで。

そうそう、アメリカの大型研究プロジェクトとして、可視光通信がクローズアップされていました。
ボストン大学とニューメキシコ大学が、
America's National Science Foundation(NSF)から20億円近くの融資を得て、
10年に渡って研究をするらしいです。

う~ん、アメリカも本気を出すのかなぁ。。。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。