41歳からのドクター挑戦

41歳。紛れもないオッサンになった今、大学院後期博士課程へのチャレンジを綴った超私的日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Geolocation Working Group

W3CにGeolocation Working Groupなるものが出来、Geolocation APIなるもが公開されています。

このAPIを利用すれば、GPSやWiFiの位置情報をブラウザから取得できそう、ということで注目されています。
開発に携わっているのが、GoogleのAndrei Popescuという方のようです。
ついにGoogleも本気で位置情報を奪おうとしている!といった感じでしょうか。

ドキュメントをざっと見た限りでは、可視光通信はまったく記述されていない模様。
これからきちんと読み込みますが、
APIに可視光通信の位置情報を入れるのはそれほど難しい話ではないかもしれない。

でもそうなると、可視光通信がGPSやWiFiと横並びになってしまい、何となく面白くないですね。

位置情報の取得技術は標準で、問題はその上で動くアプリとサービス。
で、私の研究はどこに集中すべきか・・・。

本日、H教授に会って、少し話しをしてきたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。