41歳からのドクター挑戦

41歳。紛れもないオッサンになった今、大学院後期博士課程へのチャレンジを綴った超私的日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コンビニの照明について

少し前の新聞記事で、セブンイレブンが全店舗の照明をLEDに交換する、という内容のものを読みました。

なんでも、イニシャルコストは高いけれど、ランニングコストによって投資額は回収できるとのこと。
総店舗数12,073もあるので、それは相当なLEDの数になりますね。

炭素問題や、深夜営業の批判がつきまとうコンビニ業界としては、
最大手のセブンが先陣を切ってエコ投資をしていく、という話しもあります。

で、この話し、可視光通信にどう追い風にするかというところが知恵の使いどころです。

単純なアイデアとして、
 ・コンビニのお弁当やお買い得商品の情報を配信する
 ・コンビニに来店する客層に合わせた情報の配信をする(POSと連動するとか)
 ・(しばらくは無料で)コンビニに行くと音楽がダウンロードできる
 ・コンビニ周辺のレストランやら、郊外なら観光施設などを情報配信する
なんて考えられますが、これって店舗にいる顧客に本当に必要なのかな・・・とも。
(まぁ、無いよりあった方がいい程度。)

コンビニでなくてはならないサービス、しかも位置情報に絡ませて、
それでいて、やはり面白くないと使わないですからね。

コンビニ周辺、例えば半径500mのLEDに対して、商品情報を流したりするのは、コンビニは喜びますが、コンビニのLEDは何に使うのか・・・と元に戻ってしまいます。
そもそも、コンビニだけ、とか、この周辺だけ、とかいうビジネスモデルが成り立ち難いわけで、
誰もが使えるインフラにして意味がでるもの、という気もします。

けっこうムツカシイ・・・、もう少し考えてみます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。