41歳からのドクター挑戦

41歳。紛れもないオッサンになった今、大学院後期博士課程へのチャレンジを綴った超私的日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

口述試験終了

9月6日(土)、予定通り15:30より30分間の口述試験がありました。

もちろん私は初めての経験なので、他の大学の試験と比べることはできませんが、
想像していたものより、フォーマルな雰囲気で行われました。

担当された教授は三名。
受験番号と名前を述べて、質問に答えつつ、自分の意見も言う、という内容で進みました。
どんな質問があったかと言いますと
 ・大学での研究内容は?
 ・学費が高いが大丈夫ですか?
 ・他大学は受験しますか?
 ・会社の了承は得られますか?
といったものから、
 ・全体デザインを考えることが、この研究科では重要だが、その辺りは?
 ・オリジナルの研究ができると考えて良いのか?
というものまで。
もちろんここでは書けない内容もいくつかあります。

途中、会社のことや、研究体制に関する話しは、それなりに膨らんでいたので、
自分としてはまずまずだったと思います。
もちろん、話し足りないことや、あ~、もっと上手く言えたのになぁとか、
ちゃんと落ち着いて退席すれば良かったなぁ、など反省点はたくさんありますが・・・。

当日終了後は、ネコ妻とささやかに地元の鰻屋さんで慰労したのでありました。

いずれにしても明日(9日)の発表まで何もできないので、天命を待つのみです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。