41歳からのドクター挑戦

41歳。紛れもないオッサンになった今、大学院後期博士課程へのチャレンジを綴った超私的日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

再度自問自答

論文が全く書けていない状況はやはり不安なのですが、
自分がやりたいことがブレていないか何度も自問自答しています。

「屋内の位置情報のインフラシステムを構築したい」は、ずっと変わっていません。
もちろん屋内といっても屋外と別にシステムを作るわけではなく、
シームレスに利用できることは重要です。

屋内の位置情報の測位技術は多数あるわけですが、H教授の順位付けとして、
1.WiFi等の無線測位(Place Engine)
2.RF-ID等のタグ 
3.可視光通信とIMES 
という優劣関係になっています。
これまたもちろん1つにする必要はないのですが、
得手不得手があるので"技術的"にはやるべきことが多いです。

さてLEDは全家庭への普及はまだ時間はかかりそうですが、
それでも世界で最も多い半導体素子になる可能性は高いです。
それも自然に設置されていくことを考えますと、
このLEDを利用して役立つ通信をしたくなるのも自然の欲求だと思います。

では、そのためにはどのような策を考え実行するのか? ここが肝心要になります。
理論や実験は必要です。標準化も必要かもしれません。
キラーアプリケーションはもちろん必要です。誰もが利用できるような仕掛けや仕組むも必要です。
これら全てを実行できたとしても、全く別の小さなきっかけで普及する可能性もあるので、
セオリーはないのかもしれません。
といったことを全て想定して、常に修正できるよう柔軟に進めていく。

私はそこでどう力を発揮していくのか?

そういう研究計画を作りたいと思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。