41歳からのドクター挑戦

41歳。紛れもないオッサンになった今、大学院後期博士課程へのチャレンジを綴った超私的日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

研究発表会終了

4月10日の研究発表が終わりました。

H教授曰く、これでようやく思うように研究ができますね、ということですので、
喜ぶべきではあるのですが、先は中々長いです。

可視光通信は手段として応用すべき、というスタンスは変えずに、
あくまでも屋内に拘って位置情報システムを実現する、とったゴールを設定しました。
これによって屋内の空間情報も、実現のために手段ということになるわけですが、
この部分はもしかしたら、単独でも新規性のある研究ができるかもしれません。

18分間の質問は中々厳しいので、うまく質問をしてもらえるようなプレゼン、
つまり"穴"ですね、を実践しないといけないですね。
受身でいると、かなり辛いです。

今回、プレゼン資料に関しては、H教授のチェックがかなり入ったので良かったのですが、
博士課程の発表会ならではの、作法を身につけないとダメですね。
同様に学会もお作法が大事です。

それから、今回は間に合わなかったのですが、Preziを使ったプレゼンテーション、
早めに習得しようと思います。
飛び道具も1年くらいの賞味期限はあるでしょう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。